十四代を楽しむ宴 ・・・2009.09.04

おそらく日本で一番有名で入手困難、そもそも希望小売価格で売っている酒店が存在するのかも分からない、あの「十四代」が全種類飲めるというイベントでした。

参加費は堂々の16,000円。高いと思うけど本醸造酒の「本丸」でも1万円以上で売られてるんやから5千円のイベント3回行くよりいいやろと思い切って参加しました。結果は大満足(個人の感想です)。会場は池袋サンシャイン59階の「空の庭 星のなる木」という懐石のお店。参加者が大勢でやや窮屈でしたが、料理、夜景は文句なし。参加費にふさわしい内容でした。

本醸造の本丸から純米大吟醸の龍泉まで14種類を飲ませていただいたのですが、事前に心配していたのは、その割り振り。つまり、ご自由にどうぞだったら、みんなが龍泉に殺到するわけで、気がやさしい私たちは指をくわえて見てるだけになったら嫌だなぁと思っていました。その辺は主催者の方も考えてくださっていて、基本着席なので一升瓶を回して自分のグラスに入れたら次の人に回すという方式で無事に14種類全種類試飲することができました。余った分については、おかわりもできました。

味の方は、さすが全国区の味、全体的に香り高く甘みのあるそれだけで飲み続けられるレベルの高い味です。しかも蔵元直送だったはずなので、保存状態も万全だったと思います。これが希望小売価格で買えるなら、本当に文句はないのですが、あのプレミア価格に見合う味かというとよくわかりません。そもそもプレミア価格は贈答価格なので、その価格で買って自分で飲む人は少ないでしょうけども。

この会は今回が2回目で、参加者も増えてきているようなので、次回は参加できるかどうか分かりませんが、機会があったらまた参加したいと思います。

壮観!十四代が14種類並ぶ

R0011567.JPG

これが幻の酒「龍泉」

R0011581.JPG

日本酒業界のプリンス 高木専務(十五代)と

R0011587.jpg

posted by 一号