美味酔う会(月刊ビミー 9月号) ・・・2012.08.10

月刊ビミー9月号 vol.320 (2012年8月10日発行)

【ツリー】

5月22日。自立式電波塔としては高さ世界一を誇る、634メートルの東京スカイツリーへ行ってきた。

電車・バスを乗り継ぎ押上駅へ。ツリーは遠くからでも存在感があったが、駅付近ともなると圧倒的だ。目印が際立っているので迷いようもなく数分も歩くとスカイツリータウンに到着。念願の真下からツリーを見上げる・・・というか反り返るようにしないと見えないくらい高い。長時間は首を痛めるので注意(笑)

初日なので、かなりの人混み。東京ソラマチへ入ったのは良いが、大名行列のようにゆっくりと進むしかなく、なかなか目当ての所へは行けない。それでも種種雑多なお店はどれも面白くて、つい何時間もブラブラしてしまう。私のオススメは、「東毛酪農63℃」のソフトクリーム。63℃30分で低温殺菌された生クリームが浮く、極上のフレッシュミルクをたっぷりと使用したソフトクリーム。濃厚で口溶けも柔らかくて美味しい。コーンも黒い「竹炭ゴマコーン」や白い「海の塩コーン」等こだわっていて面白い。もう一つは、「道頓堀くくる」のたこ焼き。ここは大阪名物のたこ焼きはもちろん、ソラマチ店限定の「東京もんじゃたこ焼き」が食べられる。文字通りたこ焼きの上にもんじゃ焼きを掛けたものだが、これが相性抜群で美味しい。焼き仕上げに白ワインを掛けるのが秀逸。

施設では、プラネタリウムと水族館がオススメ。プラネタリウムは驚くほど美しくリアルに星空が映し出され、肉眼では見えない9等星を含む約40万個の星々により、奥行きのある星空を感じられる。夜の部では、アロマと美しい映像を見ながら心身共にリフレッシュできる、ヒーリングプログラムもある。水族館は、水の生物を見ているだけでも癒される。国内最大級の屋内プール型水槽では、ペンギン・オットセイが元気に動き回っている様を間近に見られるので楽しい。

肝心のスカイツリーの眺めについてだが・・・チケットが取れなかったので次回(笑)
(長岡勝美)

posted by admin