美味酔う会(月刊ビミー 2月号) ・・・2013.01.10

月刊ビミー2月号 vol.325 (2013年1月10日発行)

【家族旅行】

毎年、父親の誕生日プレゼントに兄と私3人で温泉旅行に出掛けている。今回は、福島県の磐梯熱海温泉へ。道中、時間が許す限りは寄り道をしながら向かうことにした。

まず、向かった先は福島県田村市にある、あぶくま洞。この鍾乳洞はおよそ8000万年という歳月をかけて創られた大自然の造形美。全長約600mの洞内に、種類と数の多さでは東洋一ともいわれる鍾乳石が続いていて、洞内最大のホール「滝根御殿」、日本の鍾乳洞で初めて舞台演出の調光システムが導入された「月の世界」など、見所がいっぱいだ。その神秘的な世界に冒険気分も高まりワクワクした。それでもまだ奥に2500m以上も続く未公開部分があり、そこには高さ90m以上もある巨大ホールや、日本一のフローストン(高さ45m)などが発見されているという。

次に向かったのは、二本松市にある奥の松酒造。本社社屋内にある「酒蔵ギャラリー」では、酒造りの工程をわかりやすく解説したビデオの上映やパネル展示、オリジナルグッズの販売などをしている。私がなにより驚いたのが利き酒の種類。スパーリングから大吟醸まで10種類も利かせてくれた。父親もいろんな種類の日本酒にビックリし、美味しそうに飲んでいた。スタッフから日本酒の楽しみ方や酒質による料理の相性なども教わって、とても楽しい時間を過ごすことができた。

福島市にあるヤクルト工場を見学した。スタッフ誘導の下、商品紹介から製造工程、管理体制まで丁寧に案内をしてくれた。ヤクルトの原点は予防医学。腸内環境を整えて、長生きする「健腸長寿」を提唱。私も健康診断(予防医学)を仕事にしているので、有用菌などの開発の話を聞き、とても共感した。最後には試飲もあって、お腹もスッキリ(笑)

今回も家族3人でゆっくり酒を酌み交わし、美味しい料理を食べ、露天風呂でリフレッシュ出来た。友人達と騒ぐ旅も良いけど、こういうスローペースな旅も良いものだ。
(長岡勝美)

posted by admin